第11期講演者


科学者維新塾・中之島第11期にご講演いただく講演者の皆様です。

河田 聡(かわた さとし)

大阪大学名誉教授、理化学研究所名誉研究員。専門は応用物理(ナノフォトニクス)。 1974年大阪大学卒業、79年同博士課程修了、カリフォルニア大学ポスドクなどを経て1993年より阪大教授。2003年ラマン顕微鏡メーカー、ナノフォトン(株)を創業。光(フォトン)とナノ構造の相互作用の研究である「ナノフォトニクス」の世界的パイオニア。ギネスブックに世界で最小のレーザー造形物が写真入りで掲載。紫綬褒章、文部科学大臣表彰、島津賞、市村学術賞等。 著書:「論文・プレゼンの科学」「科学計測のためのデータ処理入門」

大屋 知子(おおや ともこ)
大阪大学理学研究科生物科学専攻博士後期課程修了、博士(理学)。博士号取得後、大阪大学微生物病研究所研究員等として、DNA複製・組換えに関する研究に従事。その後、大阪大学産学連携推進本部、国立循環器病研究センターにて、ライフサイエンス分野における産学連携推進およびトランスレーショナルリサーチを実施する体制整備に携わる。現在は大阪大学経営企画オフィス研究支援部門に所属

 

 ものり/Monoli

博士(工学)。専門は高分子工学。「科学とデザイン」をテーマにした商品やゲームを個人で開発。「科学」と異分野の組み合わせを探求している。ドット絵イベント PixelArtPark の運営にも携わる。

Twitter: https://twitter.com/Hakusi_Katei

環境科学系ゲーム『Plantan』

iPhone:https://apple.co/2xaxgvm  

Android:http://bit.ly/2J4gOCq 


出口翔大(でぐちしょうた)

福井市自然史博物館学芸員。大学卒業後は民間企業に就職したが、子どもの頃からの夢だった学芸員になりたいと2013年、新潟大学大学院に入学。15年に博士後期課程に進学し、16年に新潟県内の自然科学館で、翌年には福井市自然史博物館で学芸員として採用された。働き始めてからも研究を続け、2018年に博士(農学)を取得。